自然保育のっぱらスタッフブログ

自然保育のっぱらの日常を書いたスタッフブログです。のっぱらの子どもたちの様子や保育の様子が分かりますよ💕

6月20日の保育

朝から雨降り。

もなみ園は残念ながら、また明日。
何したい?
「粘土のおまつりの続きをしたい!」
との声が。

のっぱらまつり以降、おまつりモードがつづいているようです。
さっそく、粘土で製作開始。
今日も、発想豊かな作品ができていました。
小さい組さんは、七夕製作を始めました。

ハサミで折り紙をチョキチョキ。初めはぎこちなかったり手つきも、だんだんと慣れてきた様子。
大きい組さんも、そろそろ始めたいと思います。

 

雨が少しおさまってきた頃。

大雨で川が氾濫したときを想定して、避難ルートを歩いてみることに。
より早く街にあがれる道。細い道でしたが、川から離れていることをみんなで確認できました。

雨もまだ落ち着いているので、のはらへ寄ってみることに。
たくさん雨が降ったので、大~きな水たまりが!

水たまりの中で、ゆっくり歩いてみたり、ジャンプしてみたり。歩くとふんわりと広がる波紋を楽しんだり。
タツムリ、カエルにも出会い、手のひらに、葉っぱにのせて、眺めてみたり。雨の時間を楽しみました。

さて、帰る時間。

大人がリュックを背負って歩き始めても、待っていても、まったく帰る気配のない子どもたち。
(大人は声はかけません。自分たちで気がついてほしいので)
チラリと大人の様子を見るけれど、みんながいるから大丈夫かな~という気配。

のっぱらに帰って、ふりかえり。
大人が準備してたのは気がついていたのかな?
「気がついていた」

「カタツムリをさがしてて…」

「カエルを見つけたから」

「○○くんを待ってたんだけど来ないから」

「みんなを呼んだんだけど…」
いろいろ理由を話す子どもたち。
けれど、カエル、カタツムリのせい?

誰かのせい?
「帰る」と決めるのは?

遊びたいけど、その気持ちを止めるのは、誰?
どうやったら止められる??

自分と向き合う時間。
「遊びたい気持ちがでてきたら、心でやめようって決めて、止める」
「心の中の自分に、止めるよって言って止める」

人のせいではなく、自分のことであること。

自分を見つめる、なんて、難しい作業?と思いますが、子どもたち、やろうとしています。

f:id:shizenhoikunoppara:20180626153725j:image

6月19日の保育

"のっぱらまつりたっのしかったなぁ"と
お祭りあとの余韻がそこはかとなくある
子どもたち。
お祭りの時にしたかったけど
やれなかった事あるかな?と聞くと
"あの〜おせんべい焼きたかったなぁ"
"はるまくんのおばあちゃんの織るのもしたかったなぁ"
"マシュマロ焼いて食べたかったなぁ〜"
そこで
もなみ園のっぱらまつり開催❗️
ドンドンドンパフパフパフ🎶

早速
雨雲もなくて
気持ちの良い天気の中もなみ園へ出発。

朝の会で
配ったマシュマロとおせんべいのチケットはリュックサックの中。

準備物を車から降ろすと
"お醤油は持つわ"
"お水は僕が持つ"
"力があるから大丈夫!なんだって任せて"
とお祭りが終わって
またまた逞しくなった子どもたち。
お任せ出来る事がまた一つ増えた感じです。

まずは、みんなで作った梅ジュースで
のっぱらまつりお疲れ様でした
カンパーイ❗️

子どもたちの功績を練ってみると
大したものです。
あの沢山の人達がいても
いつもと変わらない気持ちで落ち着き。
忙しいお母さん、お父さんのお仕事を
ただをこねたり困らせたりお邪魔する事も無かった事。
だーれも怪我する事もなく最後まで楽しめた事。
そして、子どもたちがみんなで作ったお茶やジュースが売れた事。
体験してくださたった親子さんと一緒に
森の散策を楽しんだ事。
良く働き良く食べ良く遊ぶ子どもたち。
ありがとう❗️

もなみ園では
マシュマロorせんべいどっちから
食べようかな?

手っ取り早く食べられる
マシュマロに人気集中。
チケットとマシュマロを交換して
炭火で焼いてみると
お焦げの好きな子。
トロリ〜んが好きな子。
お好みはそれぞれ
片時もマシュマロから目を離さないで
じっくり、じっくり。
自分で焼いたマシュマロの味は
サイコーの甘さ!
サイコーの味!

ノリに乗ってきたところで
せんべい焼きにもチャレンジ!
軍手をはめて火バサミでクルクルまわしていると
こんがりきつね色に焼け
美味しい香りがぷわわ〜ん
よそ見をしたり
クルクルのタイミングがずれると
あれあれたいへんです
焦げ焦げに。
軍手で擦ってみると大丈夫大丈夫
なんとなぁポジティブ。
甘味噌
砂糖醤油
醤油とお好みの味で
バリバリバリバリ🍘
"美味しい"の音
"固ーい"の声が
森の中に響き渡るいい感じ。

食後は
子どもたちのお店屋さんの始まり。
桑の実を葉っぱにのせたお菓子
花の飾り
泥んこお餅
ジュースなどなど
メニューは多彩。

やりたい事は
沢山あり
今度はカレーライス🍛を作って食べたいなぁ
一つ一つ実行そしてチャレンジあるのみ!


f:id:shizenhoikunoppara:20180621055853j:image

6月15日の保育

朝の会。

シャボン玉に使う、竹のコップとストローはどうなったかな?と自分のを確認。

みんな、それぞれ自分のものが完成していました。
外は雨。残念ながらシャボン玉はできそうにありません…。
それならば??

竹をトントン叩いてみよう♪

竹の音楽会

♪カエルのうたが~♪
カンカンコンコン♪
目をつぶって、クイズクイズ!
さて、誰の竹の音でしょうか?大盛りあがり!
もしかして、竹でドレミファソラシドできるかも?大人のひらめきで挑戦。
ドレ・ファソラシドの音が完成!あっきーさんが何曲か演奏してくれました。

まだまだ雨が降りそうなので、のっぱら周辺で過ごすことに。
どこに行きたい?
みんなで話し合い。
おじいさんの木に決まり、カッパを着て出発。
原っぱの中に、ピョーンと跳ねるものが。

バッタだ~??

まだまだ小さなバッタくん。

虫をさわるのがこわいお友達も、手のひらへ。小さなバッタくんを抱っこすることができました。
歩くたびに跳ねるバッタたち。

つかまえることに夢中の子どもたち。

まるで、バッタのようになっていました。
タツムリも発見。

ゆ~っくり、ゆ~っくりと前進していく姿をじっくり眺めるお友達も。

タツムリを眺める姿はカタツムリのように、ゆ~ったりとしていました。
おじいさんの木の近くで駆け回り、汗だくだく。お腹もすいたので、のっぱらへ帰りました。


お弁当を食べながら

「粘土でお店やさんをやりたいなぁ!」との声が。
子どもたち発信で、お店やさんの始まりはじまり。パン、アイスクリーム、おだんご…。

想像豊かな子どもたち。

見事な作品がズラーり並んでいました。

 

矢高公園に貼る、ゴミ捨てないでね看板。

今日、また新たに看板を作ってきたお友達もおり、みんなで貼りに行きました。
子どもたちのこの気持ちが届くと嬉しいです。

f:id:shizenhoikunoppara:20180620094328j:image
f:id:shizenhoikunoppara:20180620094332j:image

 

6月14日の保育

公園をきれいに使うにはどうすれば良いか?

ここ何日かのテーマ。
"ゴミの看板を紙に書いて
作って持ってきたよ"とニコニコで登園。

その看板には
温かい気持ちのこもった文字(お母さん)
と一緒に絵もあり素晴らしい作品。
昨日までの話し合いのまとめでは
どうやって作る?
誰に言うの?
紙に書くの?
などなど
思いや気持ちの
伝え合いをしていただけだったのが
やりたい気持ちをどうしたら良いかと
行動に移し
自分と向き合うことで
何が出来るのか考えた結果
"やってみよう"の気持ちが沢山溢れ
お家での看板作りだった様です。

やりたい気持ちと
作ってきた看板をどうすれば良いかな?と子どもたちに相談。

今までにも
公園の倒木や蜂駆除など市役所に伝え
了解してもらっている事
困った時には市役所に伝え相談に乗ってもらえる事
公園は公共の場所であり勝手に
したい事をして良い場所ではない事
などを子どもたちに伝えると
自分たちの気持ちを伝えに
市役所にお話しをしに行きたいとなり
野底公園の帰り道
市役所に寄り
看板をつけたい思いの気持ちを
ドキドキしながら
伝えると
土木課の方も
ニコニコしながら
"付けくれても良いですよ"の言葉を頂きました。
その言葉を聞いた子どもたちは
肩から力が抜けた様な
安堵の表情。
100%勇気に拍手。
貴重で素晴らしい体験。
思ったり感じた事を実行した結果が
正に"成功体験"へ❗️

明日
矢高公園に付ける予定です。

f:id:shizenhoikunoppara:20180615092852j:image

 

6月13日の保育

朝の会。

仲間からの提案が。
「矢高公園のゴミ拾いをしてるんだけど、ゴミがなくならない。捨てないでって、看板を作りたいんだ」
ふむふむ。

みんなは話を聞くけれど、なかなかイメージが湧かない様子。
提案してくれた年長さんが中心で計画、実行することに。
どのような展開になっていくのでしょうか?

「いちごのアイスを作りたい!」

と先週から子どものリクエストが。
しかし、昨日、草取りをして手や爪が真っ黒になってアイス作りを断念したこともあり、

「先に作ればいいんじゃない?」

と子どもからのご意見が。

では、先にアイス作り♪
子どもたちの仕事は、材料を混ぜること。

力をこめて、気持ちをこめて。
時々、味見も楽しんで。

一回では止まらない、味見…。
さて、キレイなピンク色のアイスクリームが完成!子どもたちが冷凍庫に入れてくれました。
「ところで、いつ食べるの?」

「明日!」

ということで、どうなったか、お楽しみ!です。

 

もなみ園へ行く前に、畑に水やりをして出発。
もなみ園に到着すると。

「大変!」と、子どもたちの発見。

池の水が少なくなりオタマジャクシが干上がってしまいそうな様子。
昨日の元気に泳いでる姿を見ているので、なんとしなくては!

とオタマジャクシ救出作戦の始まり~
せっせと水を運び、男の協同作業!
バケツで、お鍋で、やかんで水汲み。
小さな命のために、奮闘していました。

何かできることは?

こうしてみよう!

やってみよう!

を子どもたちには、とことんやってほしいです。

私たちは、そこで必要ならばサポートをしたいと思います。

f:id:shizenhoikunoppara:20180615090734j:image

6月12日の保育

畑の野菜たちの様子はどうかな?
一段と高くなってきている
"とうもろこし"
紫な花が沢山咲き始めた"なすび"
黄色花がツルの中に隠れている
"きゅうり"
"トマト"
双葉から🌱大きくなった"大豆"
サツマイモにジャガイモと育ち盛りの
のっぱらの子どもたちの様に
日毎に大きくなってきています。
アスパラははじめての栽培。
"おじいちゃんが枯れ草を置いた方が育つよ"

とアドバイスを頂いたので
見様見真似で草を置いてみる事に。
早く大きくなって食べたいなぁと
食いしん坊の子どもたち。

畑の草取りもバッチリしてから
差し入れの
手作りきな粉飴でおやつタイム。
優しい蜂蜜の味ときな粉が相まって
サイコーの美味しさ。

 

もなみ園では
お祭りの時に使って遊ぶ予定の
竹を使って作る
シャボン玉入れとストローの続きに
早速取り掛かる事に。

紙やすりで
コシコシ
シコシコ
擦っていると
"だんだんとスベスベしてくる"
"ザラザラがなくなってきた"
と自分が一生懸命に作った物に
命を吹き込みながら仕上げ作業をしている姿は素晴らしい。

時々にやってくる
あの目の周りに集まる黒虫を
追い払いながらも夢中です。

食後は
愛着のある容器とストローを使って
シャボン玉を使ってみると
見事
液の配合もバッチリで
大きいもの
繋がっているもの
連続で出てくるものと
シャボン玉の技も見事にアレンジして
空に飛んだり
風の流れにのって飛んだり
直ぐにパチンと消えたり
手で弾いてみたり
瞳をキラッキラッと輝かせながら
楽しんでいました。

どんぐりさんから
"オレの身体の中には
あさだよーポッポと時計がなるんだ
だから一人でも起きられるんだ。
お昼は小さな音が心の中で聴こえてくるからお昼が分かるんだ" と
体内時間のお話をしてくれました。

ステキなお話しをありがとう❗️

f:id:shizenhoikunoppara:20180615090224j:image

6月11日の保育

「雨、降ってないねぇ」

「天気予報は雨っていってたよ」
なんとか、もってくれそうな空。

もなみ園へ行くことに。
出かける前に、畑の様子を見に行きました。
一本だけ、ぐんぐんと大きくなったキュウリが!

のっぱら畑、今年初めての収穫です。
みんなで塩で揉んで、塩もみキュウリのできあがり。

自分たちが育てたキュウリの味…。

「かたい!」

皮がちょっとかたかった様子。

けれど「おいしい♪」

と初めての収穫を味わっていました。
次は何ができるかなぁと、楽しみにしています。

 

お出かけ前に、絵の具でおまつりの飾り作り。
三角の旗にトイレットペーパーの芯で、ぺったん。スタンプ!丸まるマル模様がいっぱい!

楽しい作品になっています。

おまつり当日、お楽しみに。
(夕方、のっぱら卒園児も手伝ってくれました♪)

 

もなみ園へ出発。
「桑の実がいっぱい落ちてる~」と大興奮。
しかし、すぐに「竹を切る!」と仕事モード。

シャボン玉に使う、コップとストロー作り。

太~い竹をみんなでゴリゴリ。

簡単には切れません。
「自分で使いたい」

「お母さんにもあげたい」との気持ちがあり、簡単にはあきらめない子どもたち。
お弁当の時間になっても、やり遂げたい気持ちがいっぱい!
完成したときは、喜びが表情にあふれていました。

仕事の後は、桑の実食べ放題。

そして、竹やぶへ。

竹やぶで、楽しい遊びを発見!竹のしなりを利用して、竹にのって、ボヨンポヨ~ン♪
竹やぶが竹の遊園地にへんしん。
タケノコの竹になりかけが剣にへんしん。
今日は、竹で楽しんだ1日でした。

f:id:shizenhoikunoppara:20180615084219j:image
f:id:shizenhoikunoppara:20180615084226j:image